弁護士に頼るメリット


弁護士の力を借りて債権回収の問題を解決することのメリットとして、交渉に弁護士があたってくれる点をあげることができます。債務者との交渉では適当にかわされたり、嫌なことをいわれたりと、何かとストレスがたまるものです。弁護士が代わりに交渉を行なってくれれば、このような精神的負担がありません。交渉のために要する時間を、本来自分がすべきことに費やすことも可能です。

また、悪質な債務者では、債権者のことをバカにしていて逃げ続けようと思っている人もいます。そこに弁護士が介入することにより、真剣に債権の回収に乗り出してきたことが伝わり、下手をすれば訴訟を起こされるというプレッシャーをかけることができます。これまで適当にかわされ続けていた債権が、弁護士が介入して内容証明郵便が送付された結果、受け取った翌日に支払いが行なわれたケースもあります。そのため、弁護士に頼ることによって早期の債権回収が実現する見込みがある点をメリットのひとつとしてあげることができます。

そのほか、債権回収では交渉での任意の支払いが実現しなければ、訴訟や強制執行といった法的処置に出ることも視野に入れることになります。弁護士に依頼することにより、債権者に法的知識が皆無でも、弁護士がその優れた法的知識を駆使し、依頼者の代わりに法廷にも立ってくれるためまったく問題ありません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.