方法別の債権回収の特徴


滞納されている債権を回収する方法は複数あります。まず、自力での債権回収をあげることができます。債権の回収で悩んでいる人の中には、すでに回収できずに行き詰まってしまっている人も少なくないでしょう。自力での回収は後述する方法に比べると費用が発生しないメリットはありますが、時間と多大な労力を費やすことになるケースが少なくなく、最悪の場合は債務者が自己破産したり、時効が成立してしまったりするリスクがあります。すぐに相手が債務を履行しないような場合は、そのまま未解決のまま経過する可能性が高いため、別の方法を選択することを検討しましょう。

そしてその別の方法というのが、弁護士への相談・依頼です。弁護士費用は発生するものの、債務者との交渉にあたってくれるだけでなく、その後の訴訟対応までしてくれます。自力での債権回収に比べて有利かつ早期の解決を目指すことが可能です。

相談・依頼をする弁護士を選ぶ際のポイントは、債権回収を得意としているかどうかです。実績が豊富な法律事務所を候補にしましょう。依頼する法律事務所を決めるにあたり、複数の事務所を比較してみたいという場合には、無料相談が出来る法律事務所であるほうが余計な出費を招かずに済みます。

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.