弁護士費用の目安と内訳


弁護士に相談・依頼して債権回収を行なう唯一のデメリットといえるのが、弁護士費用が発生することです。ただ、大きな債権の場合はとくに、債権が回収できずに終わるよりは、弁護士費用をかけてでも解決するほうが金銭的なマイナスははるかに少なくなります。デメリットに対して、はるかにメリットのほうが上回ることが多いのが、弁護士に頼って債権の回収を行なう魅力です。

お金がかかるといっても、いったいどのぐらいの金額になるのか、疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。弁護士費用の目安ですが、少なくとも100,000円ほどから、回収した債権の金額の1~2割程度になることが多いです。債権額が安いと弁護士費用のほうが上回る可能性はありますが、そのようなことになるかどうかは相談時にわかります。

次に弁護士費用の内訳ですが、主に相談料、着手金、成功報酬、実費をあげることができます。各費用の具体的な金額は法律事務所によって違いがあります。相談料は法律事務所で債権回収の相談をする際にかかる費用、着手金は弁護士に依頼したときにかかる費用、成功報酬は弁護士に依頼し債権を回収することができた場合にかかる費用、実費は内容証明郵便や訴訟などのためにかかる費用のことです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.