弁護士費用の目安と内訳

弁護士に相談・依頼して債権回収を行なう唯一のデメリットといえるのが、弁護士費用が発生することです。ただ、大きな債権の場合はとくに、債権が回収できずに終わるよりは、弁護士費用をかけてでも解決するほうが金銭的なマイナスははるかに少なくなります。デメリットに対して、はるかにメリットのほうが上回ることが多いのが、弁護士に頼って債権の回収を行なう魅力です。

お金がかかるといっても、いったいどのぐらいの金額になるのか、疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。弁護士費用の目安ですが、少なくとも100,000円ほどから、回収した債権の金額の1~2割程度になることが多いです。債権額が安いと弁護士費用のほうが上回る可能性はありますが、そのようなことになるかどうかは相談時にわかります。

次に弁護士費用の内訳ですが、主に相談料、着手金、成功報酬、実費をあげることができます。各費用の具体的な金額は法律事務所によって違いがあります。相談料は法律事務所で債権回収の相談をする際にかかる費用、着手金は弁護士に依頼したときにかかる費用、成功報酬は弁護士に依頼し債権を回収することができた場合にかかる費用、実費は内容証明郵便や訴訟などのためにかかる費用のことです。

Posted in 未分類 | 弁護士費用の目安と内訳 はコメントを受け付けていません。

弁護士に頼るメリット

弁護士の力を借りて債権回収の問題を解決することのメリットとして、交渉に弁護士があたってくれる点をあげることができます。債務者との交渉では適当にかわされたり、嫌なことをいわれたりと、何かとストレスがたまるものです。弁護士が代わりに交渉を行なってくれれば、このような精神的負担がありません。交渉のために要する時間を、本来自分がすべきことに費やすことも可能です。

また、悪質な債務者では、債権者のことをバカにしていて逃げ続けようと思っている人もいます。そこに弁護士が介入することにより、真剣に債権の回収に乗り出してきたことが伝わり、下手をすれば訴訟を起こされるというプレッシャーをかけることができます。これまで適当にかわされ続けていた債権が、弁護士が介入して内容証明郵便が送付された結果、受け取った翌日に支払いが行なわれたケースもあります。そのため、弁護士に頼ることによって早期の債権回収が実現する見込みがある点をメリットのひとつとしてあげることができます。

そのほか、債権回収では交渉での任意の支払いが実現しなければ、訴訟や強制執行といった法的処置に出ることも視野に入れることになります。弁護士に依頼することにより、債権者に法的知識が皆無でも、弁護士がその優れた法的知識を駆使し、依頼者の代わりに法廷にも立ってくれるためまったく問題ありません。

Posted in 未分類 | 弁護士に頼るメリット はコメントを受け付けていません。

方法別の債権回収の特徴

滞納されている債権を回収する方法は複数あります。まず、自力での債権回収をあげることができます。債権の回収で悩んでいる人の中には、すでに回収できずに行き詰まってしまっている人も少なくないでしょう。自力での回収は後述する方法に比べると費用が発生しないメリットはありますが、時間と多大な労力を費やすことになるケースが少なくなく、最悪の場合は債務者が自己破産したり、時効が成立してしまったりするリスクがあります。すぐに相手が債務を履行しないような場合は、そのまま未解決のまま経過する可能性が高いため、別の方法を選択することを検討しましょう。

そしてその別の方法というのが、弁護士への相談・依頼です。弁護士費用は発生するものの、債務者との交渉にあたってくれるだけでなく、その後の訴訟対応までしてくれます。自力での債権回収に比べて有利かつ早期の解決を目指すことが可能です。

相談・依頼をする弁護士を選ぶ際のポイントは、債権回収を得意としているかどうかです。実績が豊富な法律事務所を候補にしましょう。依頼する法律事務所を決めるにあたり、複数の事務所を比較してみたいという場合には、無料相談が出来る法律事務所であるほうが余計な出費を招かずに済みます。

推奨HP・・・債権回収の弁護士無料相談『アディーレ』

 

Posted in 未分類 | 方法別の債権回収の特徴 はコメントを受け付けていません。